パソコンやスマホの使い過ぎによる疲れ目対策!冷やすと温めるはどちらが正しい?

身体の悩みを解決

新聞や本・字を書く事で起こる疲れ目からパソコンや携帯電話・スマートフォンなどの端末やディスプレーを見ることでの疲れ目が増えています。

日経新聞の健康生活面でも特集が組まれたように、従来の生活とは目の疲れ具合が異なります。

パソコンを使う読書の疲れ目

最近の疲れ目の原因

<スポンサーリンク>




・デスクトップパソコン、ノートパソコン、携帯電話、スマートフォン、本、雑誌と目を使う距離や焦点が異なる。

・同じ画面を長時間見ている

・大量に様々な情報を見ることで、脳と目が両方とも疲れる

・視力低下や合わないメガネ・コンタクトレンズを使っているのに無理してピンとを合わせている

疲れる目の筋肉

・毛様体筋:眼球の内側にあり、見る対象にピントを合わせるために水晶体(レンズ)の厚さを調節する筋肉

・外眼筋:眼球の外側にあり、見る対象に眼球を向ける筋肉

目の筋肉が疲れる

毛様体筋はこまめに動かしてほぐす。画面から2~3分ごとに一回視線を外す。10分に1回は遠くを見る。

一時間に一回ストレッチをする。

温める効果と冷やす効果

目が疲れたときに温めたり・冷やしたりしますがその効果はどうなのでしょうか。

●冷やした時の疲れ目効果

冷やすと感覚が鈍り・痛みを抑えられる。

もし目が充血していたら炎症を起こしていますので冷やすのが効果的です。

●温める疲れ目効果

温めると血行が良くなりますますので、効果的です。ただし、一度温めてから仕事をすると疲労度が増すとの報告もあることから仕事終了後に温めるほうが効果的です。

目がショボショボするのは血行不良の可能性が高いため蒸しタオルなどで温めましょう。

目の疲れを解消するストレッチなど

仕事の合間に簡単ストレッチ3:目の疲れ

解消ストレッチとマッサージ

蒸しタオルを使った目の疲れ解消法

パソコン用メガネのJINS PCなどを使うのもオススメの方法です。

目の疲れだけでなく、肩や背中が張る、腰痛、肩甲骨がこるなど複数の症状が重なるとパソコン病です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサーリンク>

関連記事

肩甲骨のこり対策

ストレッチで体をほぐす



フェルビナク配合:

まずは、これで対応

カラダを鍛えて肩甲骨のこり・腰痛を解消するにはプライベートジムでマンツーマントレーニング

ページ上部へ戻る