とてもつらい肩甲骨のこりや腰痛を経験したから分かるほぐす方法や健康情報

  1. 身体とその構造
  2. 59 view

筋膜は第二の骨格と呼ぶ重要な組織

筋膜について
<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

筋肉を包み込む膜を筋膜と呼びます。この筋膜の重要性が近年、分かり始めています。首都大学東京の医学博士「竹井仁」氏の著書「肩こりにさようなら」よると30年位前から見直され始め、最近、雑誌などの取材が増えているとのこと。

筋膜は筋肉を包む膜

<スポンサーリンク>




筋膜は、個々の筋または筋群を包む膜。コラーゲンやエラスチンといった結合組織からできている。

主な筋膜の種類

浅筋膜:皮膚の下の皮下組織にあり、皮膚や脂肪を支える。むくみを抑える役割も持つ

深筋膜:筋肉同士に摩擦が起こらないようにして、運動を滑らかにする

筋外膜:筋肉表面を包み、保護する

筋周膜:筋肉の筋の束の周りに存在し、筋肉が滑らかに動くようにする。

筋膜のよじれがこりを呼ぶ

この筋肉を包む筋膜が、悪い姿勢や同じ動作を繰り返すことで、よじれてしまい、自由な動きが出来なくなるという状態が、こりの原因の一つ。

筋膜に問題が生じると、中にある筋肉が動き難くなってしまいます。

筋外膜

wiki:筋外膜

肩や腰・肩甲骨のこりは、この筋膜に問題があるため、筋膜を解放する体操がブーム。コラーゲンとエラスチンをリリースするには、ゆっくりと全身を持続的にほぐす必要があります。

身体とその構造の最近記事

  1. なんと、疲れの正体は、身体よりも自律神経の中枢が原因だった!

  2. 筋膜は第二の骨格と呼ぶ重要な組織

  3. なぜ、損傷したところ以外が痛いのか?人体の神経は複雑すぎ!

  4. 関節は骨を靭帯で結びつける構造

  5. 正常な背骨にあるS字カーブ曲線を守ろう

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連記事

スポンサーリンク

肩甲骨のこりや腰痛を解消

当サイトの概要はこちら

身体の奥にあるインナーマッスルを鍼やマッサージでほぐそう。近年、パソコンやスマートフォンの普及で肩甲骨のこりに悩む人が増えています。

円皮鍼でこりを解消しよう!

▼痛いところに貼るだけ!自分でできる円皮鍼。

>>筆者のひ鍼レビューはこちら 肩甲骨や腰痛は深層筋のこりが一因です。

▼女性の大敵・冷えに効果的!あのよもぎ蒸しを自宅で手軽に試すことが出来ます♪

よもぎ温座パット(よもぎ優草パットおまけ付き)

>>よもぎパッドおためしレビューはこちら

鍼灸に関するアンケート

鍼灸治療を受けたことがありますか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
PAGE TOP