カテゴリー:東洋医学

  • 鍼灸治療を拡大するために手広くアンケートを取った調査データ(2007年医道の日本)

    リラクゼーション業界が成功しているのを見ると分かるように、慢性的な肩こりや腰痛に苦しむ人の数は非常に多く、成人の7割から8割は肩こりになったことがあるとの話もあります。 デスクワークが増えたことで、筋肉の血行不良やパソ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鍼灸師になるにはどうすればいいの、国家資格を取って独立まで

    鍼灸師になるためには、まず国家資格を取ります。 鍼灸師を育成する専門学校や短大、大学などに3~4年間通って、鍼灸や東洋医学についての専門知識や技術、理論などを幅広く学びます。 鍼灸学校を卒業後は年一回おこなわれて…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鍼灸治療についての調査や統計データ、2003年調査

    東洋医学の代表的な治療方法の鍼灸について、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 痛そう、お年寄りが多い、治療の跡が残りそうなどというイメージの方が多いのではないでしょうか。 しかし、最近では美容鍼という顔に鍼を打…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • image.png

    実はたくさんある東洋医学の資格を詳しく知ろう

    街中には、マッサージやアロマ、整体、整骨、鍼灸、漢方など人を健康にするための多くの治療院があります。 では、これらの治療院はどのような資格の元に営業を行っているのでしょうか。 (さらに…)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 572.jpg

    鍼(はり)治療はWHOが効果ありと認定。その適応疾患

    鍼治療は患者の身体に金属の鍼を刺して治療する方法です。 肩こりや五十肩・腰痛など様々な症状に対して効果あり。実は鍼をWHOが効果ありと認定していることをご存知でしょうか。 元々は、古代中国で始まりましたが、世界中に発展…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • image_thumb.png

    東洋医学では約360のツボ(経穴)が発見されている

    体には約360のツボが発見されており、「経穴」とも呼ばれます。東洋医学では、身体には、「経絡」という気の通り道があり、五臓六腑(心肺・内臓)につながっています。 五臓(肝・心・脾・肺・腎)と 六腑(胆・小腸・胃・大…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 462.jpg

    東洋医学は慢性疾患の症状に最適!

    東洋医学と西洋医学、それぞれに異なった学問・実践効果で発展してきました。 それぞれの得意分野を見極めて利用できないかと考えます。 ◆西洋医学の得意分野:原因や症状が具体的な病気や症状の治療。 薬や手術に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • image.png

    東洋医学による患者の診断方法は問診や望診など自覚症状を重視する方法

    東洋医学の診察は、患者に直接確認を行う問診、治療家が患者の脈などで診断する脈診など複数の方法を利用して患者の状態を調べます。 西洋医学とは異なり、血液検査やレントゲンなど機械を使わず治療家の診断と患者自身の自覚症状を重…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

円皮鍼でこりを解消しよう!

▼痛いところに貼るだけ!自分でできる円皮鍼。

>>筆者のひ鍼レビューはこちら 肩甲骨や腰痛は深層筋のこりが一因です。

▼女性の大敵・冷えに効果的!あのよもぎ蒸しを自宅で手軽に試すことが出来ます♪

よもぎ温座パット(よもぎ優草パットおまけ付き)

>>よもぎパッドおためしレビューはこちら

肩甲骨のこり対策

ストレッチで体をほぐす



フェルビナク配合:

まずは、これで対応

カラダを鍛えて肩甲骨のこり・腰痛を解消するにはプライベートジムでマンツーマントレーニング

ページ上部へ戻る