過去の記事一覧

  • JV006_72A.jpg

    激しいスポーツで起きやすい脊椎分離症とすべり症について

    脊椎に何らかの問題が起きて病気になるケースがあります。 二足歩行で歩くようになった人類は、脊椎(背骨)に大きな負荷をかけていますので、どうしても損傷を受けやすい上に加齢による老化現象が現れやすい個所です。 脊椎分…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • image.png

    腰痛の診療ガイドラインは、主な原因をストレスと指摘

    腰が痛い・重だるいというつらい症状。 この腰痛は8割が検査・診断を行っても原因不明ということをご存知でしょうか? なかには、椎間板ヘルニアのように病名がはっきりとわかることもあります。 ところが、ほとんどの場合「心…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • image.png

    プロスポーツや肉体労働を行う男性は腰椎椎間板ヘルニアになりやすい。

    腰痛の原因となる病気の一つで、運動・スポーツや労働でなりやすい症状が椎間板ヘルニアです。 人間の背骨は24個の骨でできており、脊椎(椎骨)の下の方にある骨が腰椎です。 この椎骨と椎骨の間には、椎間板というクッ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • image.png

    病院での腰痛診察と検査方法の種類

    腰が重い・だるいといった慢性の症状、もし、あなたが腰痛だと感じたら「自然に治る」ことはほとんどありません。 治療・筋力強化・生活習慣の改善などを行うことが大切です。まずは診察や検査を受けることを考えましょう。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 肩甲骨のこり・背中の痛みや体調不良で悩む方を助けることが当サイトの目的

    身体がだるい・つらいと激しい痛みはないものの「肩まわりや背中・肩甲骨周り・腰・膝などの不調や身体全体の体調不良など」で病院に行くと「不定愁訴」や「ストレス」としか診断されずに、どうしたら治るのかと悩みを抱えている人は多い…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • image.png

    人間50年の時代に長寿だった戦国武将に学ぶ健康な食事の秘訣

    人間五十年と敦盛で織田信長が舞った戦国時代は、平均寿命も今より短く医療も未発達でした。 ところが、戦国武将の中には、70歳や80歳でも元気に生きる男達がいたのです。 徳川家康や伊達政宗などは食事に気を遣いながら長…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 身体の悩みを解決

    パソコンやスマホの使い過ぎによる疲れ目対策!冷やすと温めるはどちらが正しい?

    新聞や本・字を書く事で起こる疲れ目からパソコンや携帯電話・スマートフォンなどの端末やディスプレーを見ることでの疲れ目が増えています。 日経新聞の健康生活面でも特集が組まれたように、従来の生活とは目の疲れ具合が異なり…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • kenko_top5

    民間療法否定派の根拠となるサイモン・シン博士の代替医療のトリックとは?

    鍼灸・カイロプラテイック・ホメオパシー・ハーブなどによる治療方法を病院での現代医療に対して「代替医療」と呼ぶことがあります。 そして、この代替医療は、リスクが高く偽薬効果(プラシーボ)以上の効果はないと主張している…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

肩甲骨のこりや腰痛を解消

当サイトの概要はこちら

身体の奥にあるインナーマッスルを鍼やマッサージでほぐそう。近年、パソコンやスマートフォンの普及で肩甲骨のこりに悩む人が増えています。

鍼灸に関するアンケート

鍼灸治療を受けたことがありますか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

肩甲骨のこり対策

ストレッチで体をほぐす



フェルビナク配合:

まずは、これで対応

カラダを鍛えて肩甲骨のこり・腰痛を解消するにはプライベートジムでマンツーマントレーニング

ページ上部へ戻る