カテゴリー:肩甲骨のこりを予防する生活習慣

  • image.png

    浅く速い息ではダメ?腹式呼吸で体調不良を解消しましょう

    身体の調子が悪い大きな原因が、デスクワークが増えたことや競争社会・ストレスです。でも、私達の力で今すぐにストレスの多い競争社会を変えることは難しい。出来ないことを悶々と考えていると余計に体調不良を起こします。 出来ない…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 身体の悩みを解決

    パソコンやスマホの使い過ぎによる疲れ目対策!冷やすと温めるはどちらが正しい?

    新聞や本・字を書く事で起こる疲れ目からパソコンや携帯電話・スマートフォンなどの端末やディスプレーを見ることでの疲れ目が増えています。 日経新聞の健康生活面でも特集が組まれたように、従来の生活とは目の疲れ具合が異なり…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • JV160_72A.jpg

    これって本当。欧米型の食生活が肥満の原因なのか!?

    世界各国で、肥満や生活習慣病が増えており、その原因として欧米型の食生活が槍玉に挙げられます。 実際に、米国は人口に占める肥満率が34.3%と高く、日本の3.9%の10倍近い数字です。(OECD2009年調査) …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • image.png

    沖縄26ショック:長寿の島として有名な沖縄男性の寿命が縮む!

    2000年に、医学界で衝撃が走ったニュースが「沖縄26ショック」です。 沖縄といえば綺麗な海に美味しい食事、都会に比べ平穏な生活を思い浮かべます。また、沖縄県は長寿の島として有名でした。 沖縄26ショック…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 現代人の弱点は呼吸器にあり:井本邦昭先生の井本整体

    現代人の弱点:井本整体 井本整体の主催者「井本邦昭先生」によると、現代人に共通する弱点があるとのこと。 弱った体がよみがえる人体力学 <スポンサーリンク> じつは日本人の多くが、知らぬ間に弱らせて…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 源泉100%かけ流しの温泉は全国でも500軒程しかない?

    温泉は、地中から湧いているお湯にそのまま入るのが一番です。 源泉のままに薄めず、沸かさず、循環させずに湯船にそのまま注ぎ入れて入れるお風呂が最高です。 ところが、源泉をそのまま使っている温泉は以外に少なく全国でも…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 杉本錬堂&角谷敏宜の湯治ツアーin伊豆(温泉と癒しの旅)

    天城流湯治法の湯治司として、温泉と伊豆の大自然を利用した独自の健康法を広めている杉本錬堂氏と筋肉と腱を治す専門家・パソコン病治療が得意な角谷敏宜(かどちん)が、組んで行う湯治ツアーです。 (さらに…)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 温泉のススメ・・・湯船でたっぷりと湯治をして健康を取り戻そう

    日本人は、お風呂や温泉が大好きで、湯船にどっぷりと身体を沈めます。 熱い浴槽に、肩までつかって「ふぅーーー」と大きく息を吐く。 そこが温泉であれば、一息ついて周囲の景色を見渡してみると、春から夏は青葉、秋は紅葉、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

円皮鍼でこりを解消しよう!

▼痛いところに貼るだけ!自分でできる円皮鍼。

>>筆者のひ鍼レビューはこちら 肩甲骨や腰痛は深層筋のこりが一因です。

▼女性の大敵・冷えに効果的!あのよもぎ蒸しを自宅で手軽に試すことが出来ます♪

よもぎ温座パット(よもぎ優草パットおまけ付き)

>>よもぎパッドおためしレビューはこちら

肩甲骨のこり対策

ストレッチで体をほぐす



フェルビナク配合:

まずは、これで対応

カラダを鍛えて肩甲骨のこり・腰痛を解消するにはプライベートジムでマンツーマントレーニング

ページ上部へ戻る