五十肩の症状や原因を知り、きちんと治療・解消しましょう

五十肩は、その名の通り、40代~50代の中高年がなりやすい症状で、腕が上がらない・腕が回らないなどの肩と腕について痛みなどの症状に悩まされます。

五十肩の症状

<スポンサーリンク>



肩関節付近の痛みや腕が動かない・回らない・上がらないなどの症状が起きてきます。

鈍痛・激痛など痛みの種類や症状の範囲も様々で、運動や日常生活に支障をきたす場合もあります。

初期症状の間に、無理な運動をせずに、鍼灸・温熱などの治療を行うことで、症状が和らぐことや回復することがありますので、おかしいと思った場合には鍼灸院や整骨院・整形外科で診断をしてもらいましょう。

五十肩の症状

最近は、50代以降でなくても40代(四十肩)や30代で発症することもありますので、まだ若いから、五十になってないよと油断してはいけません。

肩こりや肩甲骨のこりの場合は、重だるい症状が主ですが、動かない・痛い場合は五十肩を疑ってみましょう。


五十肩の原因

原因を調べてみると下記のような記述があります。

五十肩(ごじゅうかた、英: frozen shoulder)は、肩の痛みと運動制限をきたす疾患。四十肩とも。従来は腱板損傷や石灰性腱炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩に含めない。すなわち、肩に疼痛(痛み)と運動障害がある、患者の年齢が40歳以降である、明らかな原因がないという3条件を満たすものを五十肩と呼ぶwiki

この説明を読んで分かるように、実は、五十肩の原因については、はっきりと掴めていません。五十肩に限らず病気の原因は、驚くほどはっきりしていないのです。例えば、高血圧でも9割以上の人が原因不明の高血圧です。

東洋医学では、肩関節周辺部の気血のとどこおり・肩関節まわりの組織の変化や炎症などが五十肩の原因と考えられており、特定の原因があるというより複数の要因が積み重なっておきる障害とみています。

老化で筋肉や健の柔軟性が低下。すると関節内で摩擦や衝突が起き、関節包や腱板に炎症が起きる。肩甲骨周辺は様々な筋肉が重なり合って肩関節を作り上げています。自由に動ける分だけ問題も起きやすい。こりや痛みに悩む方は増加中。

五十肩の専門家「治し家」による五十肩の原因

五十肩もギックリ腰も、『奥の筋肉や腱がマヒ』していて、スムーズな動きが出来なくなり、無理に動かそうとすると表面の筋肉が損傷して痛むのです。五十肩とギックリ腰は同じ原因で起こるのです。ということは、治し方も同じだということです。治し家による五十肩の仕組み

五十肩の治し方

治すには、東洋医学治療の鍼灸や漢方を利用した方が良いでしょう。

西洋医学では、五十肩の原因を突き止めていないため、効果的な治療をできない可能性があります。痛みが出た場合には、軽いマッサージや保温・温熱がおススメです。ストレッチなどを行っても良いでしょう。

五十肩の症状は、主に三段階に分けられます。

急性期:強い痛みがあるとき
できるだけ安静にして炎症が治まるのを待つ
慢性期:痛みが弱くなる
無理のない程度に体を動かす。
回復期:痛みが治まり動けるようになる
関節の動きを取り戻すためゆっくりと肩を動かす

■たった3分でできる肩こり解消法

また、五十肩に対しては鍼灸が効果のあることが知られているため、信頼できる評判の良い鍼灸院にかかることは、最もおススメできる五十肩の治療方法です。

東京の西荻窪・神奈川の藤沢市に鍼灸院を持つ「治し家」は、五十肩とパソコン病を得意とする鍼灸院です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサーリンク>

関連記事

肩甲骨のこり対策

ストレッチで体をほぐす



フェルビナク配合:

まずは、これで対応

カラダを鍛えて肩甲骨のこり・腰痛を解消するにはプライベートジムでマンツーマントレーニング

ページ上部へ戻る