出産後の疲労・痛みは骨盤の開きが原因かも。産後【骨盤ケア】に行ってみましょう

出産後のケアは大事

出産で、骨盤が開いてしまったり、歪みで、つらい方は、遠慮せずに専門家にかかりましょう。腰痛・肩こり・イライラ・たるみなどは骨盤の左右バランスが崩れている場合があります。

出産後、すぐは骨盤が開いている状態だといいます。この時期に骨盤が歪んでしまうと、後で大変。腰痛やこりがひどくなったり、下腹部がぽっこりしてしまいがち。

出産後の骨盤は開いてしまう

<スポンサーリンク>




出産後の骨盤は、恥骨・坐骨・腸骨が外側に開いた形になりがち。この状態だと、内臓も下に下がり、下腹部もぽっこりしてしまいます。

骨盤が開く

まっすぐ等分で開いてくれれば、左右のバランスは崩れないのですけど、そうは上手く行きません。大抵は、左右どちらかに少し歪んで開いてしまいます。

リラキシンというホルモンの影響で骨盤が開く

妊娠・出産時は、リラキシンというホルモンが卵巣や子宮から分泌されます。これは関節や靭帯を緩める効果があり、その効果で赤ちゃんは産道を通り、生まれることができます。このリラキシンが出ないと、筋肉や靭帯・関節ががっちりとガードして、骨盤が緩みませんからね。

出産を終えると、徐々に骨盤のゆるみが収まっていきます。しかし、出産したことで、お腹まわりの筋肉は引き伸ばされた状態になっています。たるみやゆがみ・疲労を抱えていますので、なかなか元に戻りません。だからこそ、今、産後ケアが注目されているのです。

元々、現代生活は、骨盤を支える筋肉や靭帯が弱くなりがち。カラダを鍛えるチャンスがありません。

さらに、出産後はやらなければいけないことがもりだくさん

忙しさは出産後の方が上なのに、身体の調子が悪いと、心まで疲れてしまいます。産後うつが多いのもそのせい。まずは、身体の調子を整えないと心も元気になりません。

あかちゃんを育てる

  • 出産前後の骨盤のゆがみや筋肉の衰え。こりが起きている。
  • お子さんにお乳をあげるので無理な姿勢が多い
  • おんぶやだっこに荷物と重いものを持つ
  • 睡眠不足や精神的な余裕がなくなる

これでは、身体に無理が来ない方がおかしい。赤ちゃんを育てるのは大変、かつ何年も続く長丁場。産後ママが無理をして倒れては赤ん坊の面倒を見ることができません。

産後ケアを行ってくれる整体や鍼灸院は数多くあります。

しかし、やり方が鍼灸・整体院によってまちまち。値段などや施術方法に不安がある。全国展開しているところがいいという方におすすめののところは、「カラダファクトリー」

産後ママのための骨盤ケア:カラダファクトリー

2016年8月31日までなら、新規顧客:通常40分5184円のところを半額の2592円で対応してくれます。

もっとくびれる整体も実施中。

BA訴求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサーリンク>

関連記事

肩甲骨のこり対策

ストレッチで体をほぐす



フェルビナク配合:

まずは、これで対応

カラダを鍛えて肩甲骨のこり・腰痛を解消するにはプライベートジムでマンツーマントレーニング

ページ上部へ戻る