カラダファクトリーの【もっとくびれる整体」は、70分の施術がたったの1,980円!ここで骨盤と腰痛を整えなきゃ損!

karada

二足歩行&オフィスワークの増えた現代人は、肩こり・腰痛に悩まされています。その原因の一つに骨格・骨盤の歪みにあることをご存知でしょうか。整体のカラダファクトリーなら、782万人の施術実績で開発された『A.P.バランス®整体』で気軽に骨盤矯正を行ってくれます。

もっとくびれる整体のカラダファクトリーは全国に店舗を持つ整体業界最大手の一つ

<スポンサーリンク>




首都圏で町を歩くと整体や骨盤矯正を行ってくれる施術家や整骨院・整体は最近見かけることが増えました。それだけ、身体の不調を抱えながら頑張る人が多いのでしょう。ただ、小さいお店が多くて施術方法もさまざま。どこを選べばいいのか迷ってしまいます。

そこで、一定の安定した施術を受けたい方におすすめのお店が、全国展開している最大手の整体チェーン「カラダファクトリー」。北海道から九州まであちこちに店舗を構えていますので、安心して通うことができます。

カラダファクトリーのくびれる整体70分がなんと1,980円で受けられます

カラダファクトリーさん、期間限定の割引サービスやってます。2016年8月31日までに受ければ、人気の整体コース【もっとくびれる整体】を通常価格8,424円ではなく、何と1,980円で受けることができます!

こんなに半額どころか通常の約1/4で受けられるお得なコースを受けるのは今しかありません。このコースは腸×骨盤シェイプコース70分で1,980円と破格の安値!受けなきゃ損。
水着

このくびれる整体、女性だけでなく男性にも人気があるメニュー。夏が来る前に見た目を整え、体調万全になっておきましょう。腰痛や肩こりなどに悩んでいる方は一度、試してみてはいかがでしょうか。

腸もみと骨盤矯正を施術してもらえば、あなたの腰にもくびれができます。もっとくびれる整体はこんなあなたにおすすめの施術。

  • 夏の前に体型を整えたい
  • くびれを作りたい
  • 痩せて美しい体型になりたい
  • 水着やビキニを着たい

骨盤や骨格が歪む原因

そもそも人間の体は、重ーい頭を背骨や骨盤で支える構造。これでは身体の負担が増えて骨盤や骨格が歪んでしまいます。私も背骨のS字カーブがまっすぐで、腰痛や肩甲骨まわりのこりに悩んでいます。

  1. 足を組んだままの姿勢を続ける
  2. パソコン作業で利き腕をより多く使う
  3. 同じ姿勢の作業を続ける
  4. 座ったままの姿勢を続ける

ざっとあげただけでも、4つの原因が出てきます。グラフィックデザイナーの方が、マウスを片手にキャラクターを作成したりフォトショップで1ドットずつ背景を修正したりしては、身体がおかしくならない方が不思議です。休憩やセルフケアも大切ですが、どうにもならなくなる前に専門家に骨盤矯正をしてもらいましょう。

専門家の施術

カラダファクトリーの特徴:もっとくびれる整体だけじゃない

  • カ・ラ・ダ ファクトリー独自のA.P.バランス®理論で骨格のゆがみを整える
  • 肩こりや腰痛はもちろん身体の不調も改善する可能性あり
  • 782万人の施術実績で業界最大手の一つ
  • 施術効果が長持ちすことでリピーターが多い
  • シェイプアップや美しいカラダ作りの整体もある
  • 横浜・F・マリノスや佐藤琢磨選手などプロアスリートをサポート

佐々木希さんのもっとくびれる整体CM

女優の佐々木希さんを使ったCMで2015年は話題を集めました。彼女ももっとくびれる整体を受けたのでしょうか。新体操を子供の頃にしていただけあって綺麗なポーズを決めてくれます。

佐々木希さんのように、美しいくびれが欲しい方は、今なら格安で受けられるくびれる整体70分=1,980円を受けてみましょう。

社長の小牧めぐみさん自身が整体師出身ですから、単純に儲かると思って異業種から参入してきた会社とは一味違います。

腕は良くてもサービス面でちょっと・・・的なお店が多いのもこの業界の特徴。その点、カラダファクトリーは全国展開している会社で、スタッフの顧客対応も丁寧。

あなたの体に合わせた整体を行う技術とサービスの両立ができているお店だとおもいます。肩こり・腰痛がつらいと嘆いている方は、会社帰りやお昼休み・有給休暇を使って、お近くのカラダファクトリーに寄ってみてはいかがでしょうか。

今なら、もっとくびれる整体70分を1980円で受けられます。

水着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサーリンク>

関連記事

肩甲骨のこり対策

ストレッチで体をほぐす



フェルビナク配合:

まずは、これで対応

カラダを鍛えて肩甲骨のこり・腰痛を解消するにはプライベートジムでマンツーマントレーニング

ページ上部へ戻る