筋膜は第二の骨格と呼ぶ重要な組織

筋膜について

筋肉を包み込む膜を筋膜と呼びます。この筋膜の重要性が近年、分かり始めています。首都大学東京の医学博士「竹井仁」氏の著書「肩こりにさようなら」よると30年位前から見直され始め、最近、雑誌などの取材が増えているとのこと。

筋膜は筋肉を包む膜

<スポンサーリンク>




筋膜は、個々の筋または筋群を包む膜。コラーゲンやエラスチンといった結合組織からできている。

主な筋膜の種類

浅筋膜:皮膚の下の皮下組織にあり、皮膚や脂肪を支える。むくみを抑える役割も持つ

深筋膜:筋肉同士に摩擦が起こらないようにして、運動を滑らかにする

筋外膜:筋肉表面を包み、保護する

筋周膜:筋肉の筋の束の周りに存在し、筋肉が滑らかに動くようにする。

筋膜のよじれがこりを呼ぶ

この筋肉を包む筋膜が、悪い姿勢や同じ動作を繰り返すことで、よじれてしまい、自由な動きが出来なくなるという状態が、こりの原因の一つ。

筋膜に問題が生じると、中にある筋肉が動き難くなってしまいます。

筋外膜

wiki:筋外膜

肩や腰・肩甲骨のこりは、この筋膜に問題があるため、筋膜を解放する体操がブーム。コラーゲンとエラスチンをリリースするには、ゆっくりと全身を持続的にほぐす必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサーリンク>

関連記事

肩甲骨のこり対策

ストレッチで体をほぐす



フェルビナク配合:

まずは、これで対応

カラダを鍛えて肩甲骨のこり・腰痛を解消するにはプライベートジムでマンツーマントレーニング

ページ上部へ戻る