JINS PCパッケージタイプについにクリアレンズ登場!

ついにJINS PCにクリアレンズ登場!

今や「パソコン用眼鏡といえばJINS PC」というくらい、あたりまえな存在になってきたJINS PC。
他の眼鏡メーカーなどでもどんどんパソコン用眼鏡がリリースされていて、それだけみんなパソコン作業によって目の疲れを感じているんだなぁ・・・と実感する昨今です。

そんな大人気のJINS PCのパッケージタイプ(店頭ですぐに買える度なしタイプ)に、ついにクリアレンズタイプが登場しました★

今までのJINS PCのレンズは「ハイコントラストレンズ」という薄いブラウンのレンズを使用していて、視界もサングラスをしたときのように若干暗めになるのが特徴でした。


<スポンサーリンク>




このレンズだと、確かにモニターの眩しさなどは軽減されるものの、私もそうですがモニターで色味の調節をしたりする作業には不向きでした。
また、全体的に暗くなるせいか、外した後、室内がとても眩しく感じることも・・・・(個人差はあると思いますが)。

カスタマイズタイプで「好きなフレーム+3,990円」という形ならクリアレンズも選べるのですが、度なしでも追加料金の3,990円がかかるため、普段眼鏡を使わない方やコンタクトの方はあまり購入しにくいのではないかな・・・・と思っておりました。

そんななか、ついにクリアレンズタイプが登場です!嬉しい~♪

クリアレンズとハイコントラストレンズの比較表

JINS PCパッケージタイプ比較
出典:JINS PC

JINS PCホームページで確認してみると、クリアレンズタイプはブルーライトカット率がハイコントラストレンズに比べて15%ほど低く、またカットの仕方も反射して防ぐという形式になっているようです。

■JINS PC クリアレンズ
98%の高い透過率で、一般的な透明レンズと同等な視界をたもちつつ、最先端のコーティング技術が反射式特有のギラつきを抑え、自然な見た目を叶えます。
■JINS PC ハイコントラストレンズ
光マネジメント技術が、画面のちらつきを抑え、文字や画像を見やすくするハイコントラスト仕様。他では手に入らないJINS独自の高スペックレンズです。

出典:JINS PC

こちらについては実際に使い比べてみて、どちらのほうが目が疲れにくいか、作業しやすいか、自分にあってるか・・・・などを比較してみる必要がありそうですね。

早速、JIN’s オンラインショップ でクリアレンズのJINS PCを購入したので、届くのが楽しみです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサーリンク>

関連記事

肩甲骨のこり対策

ストレッチで体をほぐす



フェルビナク配合:

まずは、これで対応

カラダを鍛えて肩甲骨のこり・腰痛を解消するにはプライベートジムでマンツーマントレーニング

ページ上部へ戻る